今の仕事が嫌になったら

男女

年齢で諦めないでください

35歳転職限界説というのも囁かれますが、30代からの転職は難しいのでしょうか。とはいってもまだまだ定年まで長い社会生活、不満を抱えたまま過ごすのはイヤですよね。かく言う私も20代・30代の両方で転職活動を経験し、現在も継続中です。そんな実体験も踏まえながら、30代転職の現状について書きたいと思います。一般的に、転職するなら20代のうちが有利だと言われますが、これは事実だと思います。スキルや条件が同じなら、少しでも若い人を採りたいと考えるのが普通です。なので、30代がそんな20代の応募者に打ち勝つには相応のスキルが必要です。転職の場合は即戦力が求められるので、20代のスキルが低い人と30代のスキルが高い人なら、後者が採用される可能性は大いにあります。裏を返せば、30代で転職を考えるならそれなりのスキルや経験が必要という事です。私も実際転職活動をしていて、20代の頃よりスキルを積んだ30代の方が書類通過率が高いと感じています。それを踏まえて、求人を探す際にも30代であれば自身の経験をアピールできるものがいいでしょう。もし未経験の職種や業種に挑戦したいという場合でも、前職での経験をどこかで活かせないか考えてみましょう。30代と言っても前半であれば、未経験の職種でも充分に望みはあります。また、若手を求めている場合は求人に年齢制限が記載されているので、記載がないか確認しましょう。未経験歓迎と書かれている求人に狙いを定めるのも手です。年齢制限があったり経験者のみの指定がある場合は、若い人材や即戦力となる経験者だけを求めている場合が多いので、門前払いされる可能性が高いです。

Copyright© 2018 貿易会社への就職が人気【語学の力を活かせる】 All Rights Reserved.